企業情報

子育てサポート企業認定通知書(くるみん)

従業員の子育てを支援する「子育てサポート企業(くるみん)」の認定を1月25日に受け、2月18日に和歌山労働局で認定通知書が交付されました。
交付式は和歌山労働局で行われ、神田義宝局長から崎中誠取締役総務部長に認定通知書が手渡されました。
従業員が101人以上の企業は、「次世代育成支援対策推進法」に基づいて、従業員の仕事と子育ての両立を図るための行動計画を策定し、労働局へ届出ることが義務付けられています。
松源では、小学生未満の子どもを持つ従業員の短時間勤務制度や、男性の育児休業取得の促進など、4つの目標を行動計画に盛り込み、平成22年4月から去年12月までの間に全ての目標を達成しました。
また、計画期間中に出産した女性従業員の育児休業取得率が97%と高い実績を達成したことから今回、子育てサポート企業に認定されました。子育てサポート企業の認定は、県内6社目で、小売業では県内で初めてです。 今後も「社員全員の「幸せ」を応援します!」をスローガンに、子供を持ち働く社員の環境整備、男性社員の育児参加の推進や、就業規制の整備等の制度改革を行い次世代育成、仕事と家庭の両立に邁進してまいります。

社員全員が「幸せ」を感じる職場作りの実施に向け今後も積極的に取り組んでいきます。

平成25年2月18日